忍者ブログ
宮崎式 G1レースの穴馬でワイド3点以内で勝負する方法
Admin / Write / Res
<< 09   2018/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮崎式 G1レースの穴馬でワイド3点以内で勝負する方法






ワイド馬券の核は軸馬を的中させることである!

再三、他の馬券術で述べてきた。

その考えを勿論変えるつもりはないが、
G1レースの軸馬を決めるのは割と簡単である。

なので、それだけではマニュアルは簡単すぎて成立しないのだ。

このマニュアル内でも、人気の軸馬を見極める方法は述べているが、
数ページで事足りる内容だ。

またその簡単に見つかる軸馬が存在しな場合というのは、
荒れる可能性が高いレースと言う事なのだ。

したがって、穴馬抽出の方法論についてはG1レースでは避けて通れないのだ。
実は、穴馬を見つけるロジックというのは、
人気馬の中から軸馬を見つけるロジックよりかなり難しい。

しかし、そこを避けては通れないというジレンマがある。

そこで、今回は各G1レース別に、具体的にその狙いについて狙い方を解説している。

 

収録レースと内容
・秋華賞
・菊花賞
・天皇賞秋
・エリザベス女王杯
・マイルチャンピオンシップ
・ジャパンカップダート
・ジャパンカップ
・阪神ジュベナイルフィーリーズ
・朝日杯フューチャリティステークス
・有馬記念

これらについて、ローテーション、枠順、騎手、オッズ等から穴馬をあぶりだす方法と、
G1レースで選ぶべき軸馬について書いています。


※今回基準として「5番人気以下で、単勝オッズ10倍台以上」を人気薄馬としている。

 


競馬初心者の方にもわかりやすく解説します。
今回のマニュアルでは、G1レースで狙う穴馬について、
各レース毎に狙い馬の絞り方を書いています。

その中身は多少専門的な部分もあります。

宮崎式ワイド馬券術では、競馬初心者の方からの多くのご要望を受け、
無料競馬初心者用に、携帯からもアクセス出来る初心者用サイトを開設。

更に、メール配信で馬券の買い方から
馬券で勝つ考え方までをステップバイステップで教えております。

G1レースというのは、世の中の注目度も高く、
競馬初心者の方が競馬を始めるきっかけになる事も多いと思います。

何事もそうですが、最初に誰から学ぶのかというのは、非常に重要です。

G1レースを通して、競馬について学び、更に資金も増える。

そんな内容になるようマニュアルと特典は、特に工夫されています。

初心者の方でも、今年の有馬記念の頃には馬券上手になっている。

そのようなコンセプトでマニュアルは作られています。


このマニュアルと特典一式には、競馬を学びながら、
G1レースで勝利する方法が詰まっています。


 
【特典1】購入者に競馬初心者講座と、
競馬初心者サイトで徹底指導致します。
購入から12月末まで、馬券の種類や購入方法等超初心者向けな内容から、
競馬で楽しみながら勝つための考え方や、資金配分までお教えします。
そのために必要なさまざまな競馬知識についてステップバイステップで、
メールと初心者サイトを通じて徹底指導して行きます。
追加料金が必要とか言う事は一切御座いませんので、ご安心を。

 
 

 
【特典2】秋のG1レースのワイド買い目を実際に公開致します。
ご購入の方に、G1レースのワイド馬券の買い目と、このマニュアルから抽出される穴馬について公開し、抽出の手順についても細かく解説させていただきます。
情報については、ご購入時のアドレスに、G1レース前日の23時頃配信致します。
 
 

今まで、ワイド馬券に関するマニュアルを幾つか公開してきました。

今回のマニュアルは、注目度の高いG1レースについて、
確実な軸馬から、狙いの穴馬に流す事によって、
3点以内で好配当を的中させようという内容になっている。

どんな理由で軸馬が選出され、
どんな理由で穴馬があぶり出されるのか?

そこの部分をわかりやすく凝縮してあります。

ぜひ、皆さんにも手にとって読んでいただきたいと考えています。

グレ釣り名人、藤原義雄のグレ(メジナ)釣り必釣法 オークファンゼミ ~speed study edition~ 女を惚れさせる術 恋愛たらし 永田式・お気楽ダイエット 思春期の頃のハリのある感覚が甦る!魔法のバスト1日3分秘密講座 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングDVD 確変ネット出会い術

ワイド馬券でG1を完全攻略
宮崎式G1レースの穴馬で
ワイド3点で勝負する方法

● A4:28ページ
● PDF版

特別価格:¥1,980円

 

クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済でお支払い頂けます。

 
 
 

よくある質問にお答え致します。 
Q. 競馬初心者でも理解出来る内容ですか?
A. マニュアルには、多少難しい内容も含まれております。
ただ、特典として初心者競馬講座を行っておりますので、
そちらの方で勉強していただきながら、お読み頂ければ、
理解出来る内容になっています。

メールサポートについても、今年の年末まで
回数無制限、無料で受け付けておりますので、
分からない所がありましたら、なんなりとご質問下さい。
 
 
 

 
Q. この馬券術は、追い上げですか?
A. いえ、均等買いでも利益を出せる馬券術です。
勿論、資金が豊富な方が上手く投資すれば、
追い上げることによって大きな利益を上げることも可能でしょう。

 
 
 

 
Q. この馬券術は、G1レース意外や地方競馬等にも使えますか?
A. いいえ。競馬の考え方としては使えますが、
あくまで秋のG1レースに特化したマニュアルですから、
他のレースや地方競馬で使うことは出来ません。
もし、他のレースでの馬券購入法についてお知りになりたい場合は、
宮崎式の他の馬券術のご購入をご検討下さい。
 
 
 

 
Q. 来年の春のG1レースにも使えますか?
A. 残念ながら、軸馬選定については、80%位の割合で使えますが、
穴馬選定については、個別のG1レース毎に傾向が違いますので、
そのまま使用する事は出来ません。
来年の春にも今回と同じ価格で春の分を販売致しますので、
その際にご購入頂ければ幸いです。
 
 
 

 
Q. ワイド以外にも応用できますか?
A. メインの内容ががG1の穴馬を抽出する方法で、他に軸馬抽出法もついているので、
他の馬券種にも応用可能と思われます。
ただし、他の馬券種での利益について保障するものでは御座いません。
 
 
 

 
Q. 絶対に勝てますか?
A. 正直、競馬(ギャンブル)に絶対は御座いません。
特に短いスパンでは、連敗したりする事も考えられます。
特に、穴馬は毎回活躍するというわけでは御座いませんので、
確率をより高める方法論と理解して頂けるとありがたいです。

 
 
 


このマニュアルはワイド馬券の入り口にすぎません。
ワイド馬券というのは、一般的な人気は低く派手さは御座いません。

G1レースというのは、3連単で百万馬券的中とかいう方が、
話題性という意味ではいいに決まっています。

ただ、自分はワイド馬券についてしかお教えする事は出来ないので、
その中で、いかに楽しみながら競馬の奥深さを知ってもらえるか
そのようなことを考えて書いています。

このマニュアルを入り口として、
G1意外のレースでもワイド馬券を購入してくれる事が
増えればいいというスケベ心も持っています。

正直、ギャンブルを個人がどのように楽しもうと自由です。

ただ、選択肢の一つとしてワイド馬券があってほしいと思うのだ。

ワイド馬券は、普通の人がコンスタントに馬券を的中させながら、
しかもトータルでプラスにしようとする時、堅実な方法であると確信しています。

何故なら、人間は何レースか外しつづけると、
フォームが崩れて買い目が多くなったり、
一発逆転を狙って大穴馬券を狙ってしまいがちです。

適度に的中していれば、自分のフォームを大きく崩す事はなく、
全体を見ながら冷静な試合運びが出来るのです。

1日の競馬は、野球の試合と同じです。

相手に大量得点を取られ、自分のチーム得点出来ないと、
焦りが出ていつものような試合運びができなくなります。

失点を少なく押さえ、確実に得点していくことで、
決して試合を壊すことのない、堅実な試合運びが可能になるのです。

そのような方法は詰まらない!

そう言ってしまえばそれでおしまいです。

強制をするつもりは勿論御座いません。
他の馬券術もいろいろ試してみて、それでも気になったらまたお立ち寄り下さい。

 

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宮崎式 G1レースの穴馬でワイド3点以内で勝負する方法
性別:
非公開
ブログ内検索
アーカイブ
Copyright ©  宮崎式 G1レースの穴馬でワイド3点以内で勝負する方法 競馬必勝法 All Rights Reserved.
*Photo / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]